www.wretf.com

-

-

車の事故は己だけの事故と他の人が巻き添えになった車の事故が存在します。自分だけの事故の場合には、自身だけで処理をするだけで終わりますが、第三者を巻き込んだ交通事故はどちら側にどのような過失があるのかを調べてこの状況によって自動車の修理費や示談金などが確定しますので保険会社の担当の人を交えながらの調整が欠かすことが出来ません。一般的な車の事故の場合自分だけでなく相手にも少しは手落ちがある場合が大多数でどちらかだけのミスを追及する場合は多くありません。信号無視や一旦停止無視などはかなりの責任がありますが、被害を受けた方にも注意不足があると言われます。自動車での事故の状況ではどのドライバーの責任が原因で発生したのかという決着が物凄く大事になるので、それを分かりやすく表した基準が過失割合と呼ばれるものです。ひとつの例として、先ほど記述した赤信号無視や一時停止無視事情なら、法の規則上相手に完全な過失があるように見えますがこの状況でその車が正面から来て目で見てチェックできた場面だとすれば被害者側も注意が足りないと判断され10%ほどの間違いが認定される可能性もあります。よってこの場合では事故を起こした方が9割、事故に巻き込まれた自分が1割過失割合となってしまい数字が大きな側に落ち度が問われるのです。さらに自動車での事故の過失の割合過去の自動車事故の判例を元に判断されることが状況が大半で、日弁連の交通事故相談センターから示されている認定基準表となるものがものさしとして用いられています。この過失割合で、数字が大きければ間違い、要するに損害賠償額も大きくなってしまうので、交渉は本人同士だけでなく車の保険の係りの方を交えてちゃんと調整することが不可欠です。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.wretf.com All Rights Reserved.