www.wretf.com

-

-

車の損害保険には任意保険と自賠責保険という二つの種別が販売されています。自賠責保険、任意保険の双方ともに万一のアクシデントなど遭遇したときの補償を想定したものですが、実際の内容は違っているといえます。2つの保険をよく調べると補償が適用される事象が差別化されているのです。※相手には、「自賠責保険」「任意保険」の双方で補償できます。※自分に対しては<任意保険>のみによって補償されるようになっています。※自己の財産へは、「任意保険」によって補償します。自賠責保険それだけでは自分自身の傷害またはマイカーに対する支援は受けられません。また相手方に向けての補償などですが自賠責保険ならば亡くなられた場合は上限額三〇〇〇万円、後遺障害を与えてしまった場合最高額で四千万円などといったようになります。しかし賠償金が直前に述べた数字を超えることは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。さらに続いて相手の所有する愛車・建築物を破壊してしまった場合には、害を加えた人によるまったくの自己補償になります。そのようなわけで任意保険という別の保険が必須だという話になるのです。危害を受けた人に対する救いを重要視する任意保険ですが、それとは違う補償が存在します。※事故の相手に対しては死亡時あるいは負傷の他にもクルマないしは家といった種類のものを賠償してくれるのです。※自分自身へは、一緒に乗っていた人も対象として死亡時やケガを補償してもらえるのです。※自分の所有する財産については、車を補償します。そのように種々の面について援助が行き届いているのが任意保険が持つ最大の強みなのです。払い込みはどうしても必要となってしまうのはしょうがないですが、事故に巻き込まれた時の相手方のためにも自分自身のためにもクルマに余計な心配を抱くことなく乗りたいのであれば任意保険に契約を結んでおくとよいでしょう。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.wretf.com All Rights Reserved.