www.wretf.com

-

-

車の損害保険には読者の方もご存知かと考えられますが等級という制度が存在します。正しくはノンフリート等級別料率制度という名で、保険料に多大に関係しています。等級においては、自動車損害保険の被保険者の公平さを狙いとすることで自動車事故を発生させる可能性や、自動車の保険を使用する可能性がより高ければ高いと見込まれるほど保険の料金が値上げされます。一方で事故を起こす確率があまりなく自動車損害保険を使う可能性が低い被保険者はリスクの低い保険利用者だと判断されることで低くなります。安全に車を利用する運転手のほうが有利な機構には違いないので、事故を引き起こしやすい方には多少デメリットのあるシステムであると考えられます。優良運転者と事故の見込みがより大きい利用者の保険の掛金が一緒だと公平でないと感じてしまう被保険者が大多数なので、保険の提供側サイドからしても経営上のリスクを押えるためにとにもかくにも欠くべからざる仕組みだといえます。では、等級という制度が詳しくはどういった仕組みなのか簡単に概説いたしましょう。まず第一に等級は1等級から20等級まで存在し級が上昇すると次第に保険料金が安価になる機構になっていることが重要です。次に、1等級から3等級の範囲については割引されず、逆に高くなり交通事故を発生させてしまい、自動車保険を使用すると3等級下がり負担が大きくなった車の損害保険を振り込んでいくことになることを避けられません。第三にまったく新しく自動車の保険に申し込むケースにおいては六等級という位置からのスタートとなり、その時点から自分の等級が減るのか高くなるのかは保険利用者の実績によります。そのため月々の掛金を安価にしたいドライバーは、自動車事故を防止するために日々余裕を持った運転に努めていくのがまずは一番効率的といえるでしょう。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.wretf.com All Rights Reserved.