それなら交通事故の過失割合の確定にはどんな基準が存在

-

-

交通事故があった時あなたが事故の被害者であったとしても、先方が責任を少しも受諾しない場面は数多くあります。DDラボ 体験

例えば、意識的に起したのではなく注意不足で乗用車をぶつけられた場合などに、そういった口論になってしまう危険性がないとは言えません。お金がない

例えそうであっても事故現場で車のみの「物損」片付けられて、後で体の痛みが出た際に、かかった病院の証拠となる診断書警察署に出すのでは遅れを取る感じはしょうがなくなります。さいたま 浦和区 カーシェアリング

それなら交通事故の過失割合の確定にはどんな基準が存在するのでしょうか。ライザップ 天神店

正しく言えば、警察署が結論付けるのは、車での事故の大きな落ち度が認識されるのはどちらであるかということであり過失の割合ではないのです。アテニア 口コミ

さらに言えば、最終的に明確にされた過失が認められた人が警察署から明らかにされる事は場面は全くありません。ライザップ 六本木店

よって、どちらに何割過失があるのかは事故当事者の協議の結果に応じて決定され、この結果が事故の賠償の算定の根拠になる訳です。ミュゼトラベル

この場合、関係者全員が自動車任意保険に未加入の場合には当事者同士が直接話し合いしなければなりません。

けれども、当然の事ですがこういう話し合いでは、短絡的なやり合いになる危険性が高くなります。

お互いの意見が食い違えば万が一の場合、裁判沙汰にまで進みますが、これは大切な時間と裁判費用計り知れない損害となります。

なので多くの場合、それぞれのドライバーに付く保険の会社、このそれぞれの自動車の保険の会社に話し合いを頼む対応を駆使して、ちょうどよい「過失割合」を丁寧に決定させるのです。

こういった際、自動車保険の会社はそれまでの自動車の事故の裁判の判定から算出した元となるもの、判例集をたたき台として推計とやり取りをしてどちらに何割過失があるのかを算定します。

そうは言っても、自動車事故の例では、遭遇したのか起こしてしまったのかの状況を問わず、第1に警察を呼ぶのが鉄則です。

その後で自動車の保険の会社に連絡してその先の交渉を任せるのが順序となります。

状況に応じた手続きさえ理解しておれば双方の堂々めぐりのやり取りとなる事を回避できるに違いありません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.wretf.com All Rights Reserved.